大都会の雑踏をリフォーム

算数で多くの人がつい犯しがちな計算ミスや、様々な数学パラドックスを紹介しているのですが、特に前半、歴史上の数学者の立てた予想がのちの数学者たちによる検証で反証されるエピソードは特に興味深いものです。それほどの高等数学は出てきませんので、中学や高校の数学を忘れてしまった方の復習にもお勧めです。

この本では、「すべての三角形は二等辺三角形である」など、明らかに間違っていることを証明する数学パラドックスも多数収録されています。それにならってひとつ、僕が大学時代に考えた数学パラドックスをご紹介しましょう。

大都会の雑踏をリフォーム、たとえば渋谷のスクランブル交差点からランダムに二人の通行人を選んで連れてきて、あるゲームをしてもらいます。
名付けて「ゲルピンゲーム」です。ゲルピンっていうのは一文無しという意味の昔の学生言葉です、言葉が古くてすみません。

SNSでもご購読できます。