「おうちのリフォーム」

友人の結婚式で余興みたいなのやったときに、
紹介されて。
「読書家」っていわれた。
えっと、そうだな。たぶん、そうなんだ。
読書家。
しかし、そんな、なんか穏やかといふか、清楚というか、正当なイメージの表現でいいのかな。なんておもう。
ま、結婚式って耳障りのいい言葉を用いるんだな、と、感心したことがある。
友人が、
「トイレの修理といっていたのが
「おうちのリフォーム」といわれ、
お掃除屋さん、といっていたのが、
「メンテナンスのお仕事」といわれたり。
あ、横文字にすることで和らぐのがもね。
読書家は?
Book lover。
あ、うん。なんか、こちらのほうがわかりやすいかも。
だって恋は盲目といふ。
あたしゃ弱視だが。いや、そーゆーことでないにしろ。
私、本を読み始めると、かなり現実逃避。
世の中をうけいれなくなる。
私の読書のじゃまをするものを敵とみなすかもしれない。
そんなものを、読書家なんて穏やかな表現でいいのかな。なんてまようし、
なんか、申し訳ない。
読書家なんて自分では絶対いわないからだろーけど。
本好き。くらいはいう。

SNSでもご購読できます。